JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)多焦点眼内レンズ情報情報

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3

このサイトの役割について

イラスト日本白内障屈折矯正手術学会(Japanese Society of Cataract and Refractive Surgery: JSCRS)は、白内障手術及び屈折矯正手術の研究と教育、診療の発展のために様々な取り組みを行なっています。一般の皆様に眼科領域の新しい技術を知って頂くことも重要な課題です。
多焦点眼内レンズは、白内障手術の時に眼内に挿入する眼内レンズで、遠くと近くの両方が見えるように設計されています。効果的に使用すると、眼鏡の使用頻度を減らすことが出来ます。近年、全国的に広く使われていますが、通常の眼内レンズと異なる特徴があり、自分の手術時に選択すべきか迷う患者さんも多いと思います。このサイトでは、多焦点眼内レンズに詳しい眼科医によって、白内障手術を受ける患者さんが、どの眼内レンズを選べばよいか手助けをする目的で作られています。

JSCRS 多焦点眼内レンズウェブサイト企画委員

委員長:
松島 博之
委 員:
大内 雅之、後藤 憲仁、柴 琢也、鈴木 久晴、中村 邦彦、根岸 一乃

Copyright © JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)多焦点眼内レンズ情報. All Rights Reserved.

ページの先頭