JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)多焦点眼内レンズ情報情報

多焦点眼内レンズ選択時の注意点

多焦点眼内レンズは、老眼を完璧に治す(老視矯正の)眼内レンズと思われがちですが、若年者の水晶体のようなものではなく、実際には白内障治療の一つの選択肢と考えてください。白内障が全く発症していないのに、老視の矯正を目的として、この手術を受けると、満足のいく結果が得られない場合があります。
その理由として、多焦点眼内レンズは、遠方、中間距離、近方のいずれにも焦点が合うという優れた特徴を持つ反面、単焦点眼内レンズや、白内障のない透明水晶体と比べて、いくつかの欠点もあるからです。以下に欠点をあげてみます。

特殊な光症状(グレア・ハロー)が強い

多焦点眼内レンズは、遠方、中間距離、近方を見るために、レンズの表面に複雑な構造を持っています。そこで、眼の中に光が入る時に、レンズ表面で強い反射が起こります。そのため、多焦点レンズを挿入した眼では、単焦点レンズに比べて、特殊な光の症状が強い傾向があります。
1つは、表面で反射した光が眼内に入って、光が星の輝きのように、放射状に散って見える症状で、グレアと呼ばれています(図1)。
グレアは、夜間の対向車のライトが、非常に眩しく見えるため、一瞬目が眩んだようになる場合もあります。多焦点レンズでは、グレア症状が強く起こるので、夜間長時間運転をされる方には向いていません。もう1つは、見ている像の周囲に輪状の光のボケが見られる症状でハローと呼ばれています(図2)。
ハローの原因は、遠方を見ている時にも、多焦点レンズの遠方用部分を通ってきたピントの合っている画像だけでなく、中間距離や近方用部分を通ってきたピントの合っていないぼけた像も眼に入ってきます。そのため、遠方の画像の周囲に、中間距離や近方からの光が周囲のボケとして見えてしまいます。これらグレアやハローは、多焦点レンズでは、根本的に単焦点レンズに比べて強いのですが、多くの方は脳で順応できるので、気にならない方がほとんどです。
しかし、高齢で順応が難しかったり、神経質な方などには不満の原因となります。


※画像をクリックすると拡大されます

図1:夜間のグレア症状

  • 多焦点
    多焦点
  • 単焦
    単焦点

図2:夜間のハロー症状

  • 多焦点
    多焦点
  • 単焦点
    単焦点

模型眼にて夜間風景をシミュレーションした画像
(実際の見え方とは異なる場合があり、レンズの種類によっても程度の差があります)

コントラストの低下によるWaxy vision、視力不良例など

人間の水晶体は、膨らんだり薄くなったり厚みを変えることにより、遠くから近くまでの広い範囲に、オートフォーカスのようにピントを合わせることができるため、光の量が少なくなるということはありません(図3)。しかし、多焦点レンズは特殊な構造で、眼に入ってきた光を、遠方、中間距離、近方に振り分けます。そのため、いずれの距離も、単焦点レンズに比べて少ない光の量で見なければいけません。これによって、見ている画像のコントラスト(映像のシャープさや、微妙な濃淡)が落ちてしまう傾向があります。画像のコントラストが低下して、何となく鮮明に見えない状態を、専門的にWaxy visionと呼んでいます。一方、単焦点レンズは目に入ってきた光を分配せずに使うので、1ヵ所にしかピントが合いませんが、ピントがあった距離はコントラストが高い鮮明な見え方になります。例えば、眼鏡なしで近くを見る時は、多焦点眼内レンズの方がよく見えますが、単焦点レンズで老眼鏡をかけた場合の方がシャープな見え方になります(図4-a, b, c)。多焦点レンズの特性として、コントラストが低下しやすいので、眼鏡で矯正しても、思ったように視力が出ない場合もあります。

図3:若い人の水晶体

  • 遠方用
    遠方用
  • 近方用
    近方用

図4

※画像をクリックすると拡大されます

  • 単焦点眼内レンズ(遠方) 画像
    a. 単焦点眼内レンズ(遠方)
  • 単焦点眼内レンズ(近方) 画像
    b. 単焦点眼内レンズ(近方)
  • 多焦点眼内レンズ 画像
    c. 多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズの摘出・交換症例

多焦点レンズには上記のような欠点がありますが、実際にはこれら欠点よりも、遠方、中間距離、近方両方が見える利点の方が勝っているために、国内外の報告でも、概ね9割強の方が満足をしています。ただ、残り1割弱の不満例の中で、上記のようなマイナスの現象が認容できず、再手術によって単焦点レンズに入れ替えるケースが、国内では、1.2%※程にみられています。

参考文献

Kamiya K, Hayashi K, Shimizu K, Negishi K, Sato M, Bissen-Miyajima H; Survey Working Group of the Japanese Society of Cataract and Refractive Surgery: Multifocal intraocular lens explantation: a case series of 50 eyes. Am J Ophthalmol.158: 215-220, 2014.

Copyright © JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)多焦点眼内レンズ情報. All Rights Reserved.

ページの先頭