JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)多焦点眼内レンズ情報情報

多焦点眼内レンズの種類

屈折型

屈折型多焦点眼内レンズ

国内で認可を受け使用可能な屈折型多焦点眼内レンズはHOYA社iSiiのみです。屈折型は単焦点眼内レンズと同等に遠方の見え方が得られ、コントラスト感度も比較的良好です。しかし近方の見え方は瞳孔の大きさによるので、十分な瞳孔の大きさがない方には向きません。また、夜間のグレア、ハローは回折型より強く自覚する傾向があります。

回折型

回折型多焦点眼内レンズ

国内で認可を受けている回折型多焦点眼内レンズはAMO社テクニスマルチフォーカルとAlcon社レストアです。テクニスマルチフォーカルは回折型であり瞳孔の大きさに関係なく近方視が得られ、遠方、近方がほぼ同等の見え方となります。以前の回折型よりコントラスト感度の低下の問題は改善されていますが、屈折型に比べるとやや劣ります。

未認可多焦点眼内レンズ

他にも国内で使用されている多焦点眼内レンズが複数ありますが、これらは未認可であり、医師の個人輸入によるものです。

Copyright © JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)多焦点眼内レンズ情報. All Rights Reserved.

ページの先頭