JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)多焦点眼内レンズ情報情報

多焦点眼内レンズとは

画像

「多焦点眼内レンズ」は、遠くと近くが見える遠近両用眼内レンズです。2007年に厚生労働省の承認を受け、2008年に先進医療として承認されました。白内障によって濁った水晶体を摘出し、代わりに挿入する人工レンズ(眼内レンズ)は、「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種類があります。「単焦点眼内レンズ」は、ある1点にピント(焦点)が合うレンズです。そのため、若い頃のように見たい距離にピントを合わせることができず、ほとんどの場合、眼鏡が必要となります。例えば、遠くに焦点が合っている場合には近用の老眼鏡が必要となり、近くに焦点が合っている場合は遠方用の眼鏡が必要となります。「多焦点眼内レンズ」は遠方と近方の両方にピントが合うため、眼鏡に依存しない日常生活、またはメガネの使用頻度を減らすことが可能となり、QOL(Quality of Life)が向上出来る可能性があります。

「多焦点眼内レンズ」は高機能眼内レンズですが、設計が複雑なため、利点だけでなく欠点もあり、使用する場合は、「多焦点眼内レンズ」の性質を良く知っておく必要があります。

  • 単焦点眼内レンズ(遠方) 画像
    単焦点眼内レンズ(遠方)
  • 単焦点眼内レンズ(近方) 画像
    単焦点眼内レンズ(近方)
  • 多焦点眼内レンズ 画像
    多焦点眼内レンズ

Copyright © JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)多焦点眼内レンズ情報. All Rights Reserved.

ページの先頭